サスティナビリティ考

地球環境、持続可能、政治・経済・社会問題などについて書いています。 メール kougousei02@yahoo.co.jp

地球環境・温暖化問題

世界気候アクション2022

「赤旗」9/25付です。 世界の気候アクションを報道しています。 他紙の報道が小さかったけど「赤旗」大きく取り上げています。

世界気候アクション2022

世界気候アクション2022は世界各地で行われた。 「赤旗」報道を見るとドイツの250カ所以上で28万人参加はすごい。 しかも若者中心。"Streik in der Schule, Streik in der Fabrik, das ist unsere Antwort auf eure Politik!"#FridaysForFuture #Klimas…

荒野に希望の灯を灯す

電気館で上映中の「荒野に希望の灯を灯す」-中村哲さんのドキュメンタリー映画を観てきました。みなさん、お勧めです。 (29日木まで上映予定)denkikan.com 中村哲さんの動画や番組は、これまでもいくつか観ましたが、やはり、えらいという感動的ですね。 …

グローバル気候マーチ2023熊本

熊本でもグローバル気候マーチ2022--とりあえず、一応やりました。 高齢者を中心に4人で。 人々の関心はイマイチです、、地球の現状を見れば、手遅れになろうとしているのに、、。 写真を撮ってくれるようお願いした2人、他にチラシ20数枚配った。 . グレ…

グローバル気候マーチ2023

明日がグローバル気候マーチです。 小人数でも、若くなくても、短時間で簡素でも、行動します。 都合のつく人、ご参加を。 各地では、若者が頑張っています。

民放NHK6局連動「気候危機を食い止めよう」

民放NHK6局連動「気候危機を食い止めよう」 - 「1.5℃の約束 – いますぐ動こう、気温上昇を止めるために。」動画は配信している。 とても良いことです。www.youtube.com

「ドーナツ経済」⑨

「ドーナツ経済」をやっと読み終えた。 読んだ文庫本は昨年7月の出版なのだが、もともとは2017年に刊行され、すぐに訳本も出ている。 もっと早くに読んでおくべきだった。時間おいて、もう一回読むことにしよう。 7章は、成長にこだわらない-- という章 ケ…

世界気候アクション2022.9.23

23日、世界気候アクションが行われます。 ヨーロッパの熱波と森林火災、パキスタンの代大洪水、台風14号、、、記録的な被害が拡大しています。 何か、、しないではいられません。 どちらかのグループが行動を提案してもらうとありがたいですが、とりあえず…

気候マーチ 9.23

23日(金)に「世界気候アクション」が行われる。 今週の「赤旗」日曜版が京都の若者の取り組みを紹介している。いいな~。 熊本でもなんかしたいけど、どうしょうか?思案中。 学生・高校生など若い人が発案してくれれば、いくらでも応援、参加したいけど。…

「健康友の会だより」に寄稿

「くまもと健康友の会だより」に地球環境・気候危機問題の寄稿を載せていて、3回目の9月号は「地球と人の健康」と題して書きました。 知り合い2人から、読んだと感想をいただき嬉しく思いました。文を紹介します。 . 毎日毎日、猛暑が続いています。東北…

「ドーナツ経済」⑧ニュートン株で大損

ドーナツ経済--先日のニュートンのつづきです。 1720年、「南海会社」(南米の植民地との貿易の独占権を与えられていた英国の会社)の事業が成功を収めたという間違ったうわさをきっかけに、株価が急激に上がり始めた。 すでにその株式をいくらか保有してい…

「ドーナツ経済」⑥「つつき、ネットワーク」

ドーナツ経済のつづきです。 ケイト氏、「21世紀の経済学者は、~、社会や環境に関する調整を真っ先に市場にゆだねようとするのではなく、社会の中でどういうダイナミックな相互関係が成り立っているか問うことから始めるべきだ」とし、「つつき、ネットワ…

「ドーナツ経済」⑤市場とマッチ---取扱いに注意せよ」

ドーナツ経済のつづきです。 忙しかったせいもあり、前回からかなり間が空きました。 それまで良い題材があって、折り目も付けていたけど忘れてしまった。 久しぶりに読み始めたところ、「市場とマッチ---取扱いに注意せよ」を紹介したい。 人々の行動の行動…

体温計の目盛りは、なぜ43℃まで?

今日は「西南部健康友の会」の総会で「気候危機・地球環境問題」について話しました。 「健康友の会」なので、人間の健康と地球の健康の関連についをテーマに。 ヨーロッパの熱波と森林火災、乾燥地域のパキスタンで大洪水。 . . 人間は、コロナ感染で発熱、…

「なぜ今、あえてマルクスなのか?」斉藤幸平×角田陽一郎対談

www.youtube.com .www.youtube.com

「ドーナツ経済」④動的均衡

24日までのページがなぜか消えてしまい困っています。復活させたいのでHatena さんに問い合わせ中です。 . ケイト・ラワース「ドーナツ経済」のつづきです。 これまで、現在も成長は良いこととされ、人々は無限の成長に向けて、自分の自由な時間を減らしてあ…

「ドーナツ経済」③組み込み型経済

. . ケイト・ラワース「ドーナツ経済」のつづきです。 . . 経済を単に、企業と家計、労働者と資本、財、サービス、消費などの流れでなく、家計を重視している組み込み型経済として、こんな図を書いている。 経済の中心の一つに家計をおき、商品としては反映…

「ドーナツ経済」②

ケイト・ラワース「ドーナツ経済」を読みながら、紹介していきます。 ドーナツと言ってもお菓子のドーナツではありません。 外側の円の外側が地球の限界を表し、内側の円と外側の間で人々の充足を確保する社会・経済を意味します。 今の社会は地球環境を破壊…

マルクスの「生産力」概念 論争①

地球限界時代とマルクスの「生産力」概念--聴涛弘著を読み終えた。 「経済」元編集長の友寄英隆氏と日本共産党の元政策委員長の聴涛弘氏の「生産力」概念をめぐる論争だ。 専門的で難しく理解不十分だけど、現状での思いを書いておきたい。 聴涛氏は、高齢の…

アルプス氷河消失 最大へ

ちょっと前ですが「赤旗」8/2です。 アルプスの氷河は、このところの熱波と冬の降雪量が少なさが重なって、融解、縮小が急速に進んでいます。 現状では、2100年までにアスプス氷河の8割がなくなると言われているそうで、これからどんな温室高ガス排出の削減…

猛暑、南極融解 海氷最小

今日も暑い。毎日、猛暑が続きたいへんです。 でもこれ序の口で、これから10年、20年、30年、それ以上と上昇し続けることを覚悟しなければなりません。 ヨーロッパも熱波が遅い、各地で森林火災が起こっており、ニュースで流れています。 www.yomiuri.co.jp …

グリーンランド大規模融解

ヨーロッパやアジア、北米大陸の猛暑が続いている。 北極海の海氷は、縮小ピークの9月中旬に向けて、今年は例年程度の縮小にとどまっています。 なのに、グリーンランドの氷の融解が激しい。平年より5.5℃高い15.5℃に達している。 . . 下の記事では、7…

アルプス氷河消失 最大へ

「赤旗」8/2です。 アルプスの氷河は、このところの熱波と冬の降雪量が少なさが重なって、融解、縮小が急速に進んでいます。 現状では、2100年までにアスプス氷河の8割がなくなると言われているそうで、これからどんな温室高ガス排出の削減を行っても、既に…

トヨタの圧力--ハイブリッド車規制外し

今週の「赤旗」日曜版です。 岸田政権が5月にまとめた「2035年までに新車販売で電動車100%」計画案は、6月の閣議決定では、電動車に加え、ハイブリッド(ガソリン)車も入れ、内容が変更されていたとする。 この変更にトヨタが圧力を加えていて、甘利…

ガイヤ理論 j・ラブロック氏 死去

イギリスの科学者ジェームズ・ラブロック氏が死去した。103才だった。 彼の「ガイヤ理論」は、私に大きな影響を与えた。 著作の「ガイヤ」本3冊、関連本も何冊か棚においてある。 地球環境問題に関心を持ち始めた頃、「地球は生きているかのような自己調節…

熱波・干ばつ・山火事--気候危機

7/19付「赤旗」です。 ニュースでも流れていますがEU諸国を中心に熱波による山火事が大規模に発生しています。 イギリスでも過去最高の40℃を超えるところが出たり、アフリカは干ばつで食料危機が起き、きわめて深刻です。 . 戦争なんかやっている場合では…

参政党-武田邦彦恥を知らない

なんでしょうね、この人。学者とは言えない。 縄文時代の温度は2℃?4℃高かった? ほんと?日本の? それとも北半球も南半球も含めた平均の全球温度? 高校でなく、江守征多が資料もって質問したらどうだったろうか? マイケル・マンがホッケースティクグラ…

日本共産党100年、私47年

私は日本共産党員。 共産党に入ったのは、高校卒業して10ヵ月ほど働き、19才になってひと月たった頃だった。 高校3年の時に、青年組織の民青同盟に入って、少しばかり世の中の仕組みをかじっていた。 とは言え、19才になったばかり、今考えるとちょっ…

斎藤幸平への批判論考

斎藤幸平著『大洪水の前に』と『人新世の「資本論」』によせて 太田仁樹岡山大名誉教授論文を読んだ。なるほど。 斎藤幸平氏に対する批判なかで、今まで私が目にした中で一番紳士的で、賛同する点は賛同し、批判は批判する丁寧で説得力ある内容だった。 太田…

宇沢弘文-地球温暖化を考える

宇沢弘文と言えば、「社会的共通資本」で有名、対立的な新自由主義、シカゴ大学でM・フリー―ドマンと対立した学者。 その人が「地球温暖化を考える」--こんな本を書いていたとは知らなかった。しかも出版は1995年、そのころに誰か、私に勧めてくれれば一生懸…