サスティナビリティ考

地球環境、持続可能、政治・経済・社会問題などについて書いています。 メール kougousei02@yahoo.co.jp

斎藤幸平、仏教団体で講演

斎藤さん。こんな仏教団体でも講演をしています。 というか、真宗大谷派名古屋別院/東別院さんが、仏教者さんがなぜ、斎藤さんなんかを呼んだのか? その思い、考えを知りたいですね。 だって斎藤さんは、マルクスが「宗教は大衆のアヘンである」になぞらえ…

NEC未来創造会議-斎藤幸平氏

大企業にNECまで、「脱成長」で、「コミュニズム」を唱えている斉藤幸平氏を読んで対談するなんて、不思議というか面白いというか……。 . future.nec

あまりに不公平な五輪

. 今日の「赤旗」です。 他紙にはあまりない「赤旗」ならではの記事、拓殖大柔道部師範の正木照夫さんのインタビューです。 テレビは日本選手・チームが金をとったと連日騒いでいるが、他国選手・チームとの公平性に大きな疑問があると指摘する正木さんです…

暑い! 毎日

毎日、毎日、暑い暑い。38℃。 雨も降らず畑もカラカラ。キュウリは枯れる。トマトも枯れる。サトイモは、葉っぱが萎れる。ゴーヤは元気がない。 . そろそろ雨が降ってほしい。夕立でもいいから。

医療現場と菅政治

7/28「赤旗」です。 医療の現場の状況がわかる記事です。ワクチン注射を受けたり、お世話になる病院に状況を知ることは大事です。 ワクチン注射も、ただ打つだけでなく、前後の作業も多くテマヒマかかる。1回あたりの報酬が安く、過労死するほどたくさん打…

日本の社会運動・市民運動はどうあるべきか?-斎藤幸平氏

斎藤幸平さんの主張には共感し、国際的な視座に斬新さを感じている。 しかし、 jimmin.com 新左翼系「人民新聞」インタビューで述べているいくつかの部分には賛同できない。過去から現在に至る日本の近代史や現状認識に不足があると感じられるから。 . 「人…

バーベキュー

バーベキューです。 残念ながら、5年ほど前のもの。 いつになったら、できることやら-- バーベキュー コロナ禍つづく。

地産地消-自産自消

自産自消です。 カボチャ、ゴーヤ、ナス、オクラ、ミニトマト、キューリ、サニーレタス。 そこそこの場所があれば、そこそこの野菜が自給できます。 小さくでも、曲がっていても、味がイマイチでも、食えます。

矢谷渓谷

今日は、子どもら夫婦とその子どもらと矢谷渓谷に行ってきました。 人が多かったけど、涼しくて気持ちがよかった。 . . うちで今年、初めてできたスイカを渓流で冷やし食べました。 熟れぐわいが心配でしたが、割ってみたら程よい感じ。 肥料なし、雑草まみ…

コロナ緊急事態の五輪強行

昨日、東京五輪の開会式が行われた。 五輪史上、異例も異例、コロナパンデミックの下、無観客、医療崩壊が迫り、国民の多くが中止・延期を求める中で強行された。 . 各紙の今日の1面です。 . 「朝日」1面の記事で、「熱戦の隣 鳴りやまぬ救急電話」の記事…

江守正多・飯田哲也・斎藤幸平-人新世を語る

江守正多さんと飯田哲也さんと斎藤幸平さんの対談です。 この組み合わせはスゴイことです。 そして話題の中心が「脱成長」です。 意外や意外、意外と「脱成長」は、かなり受け入れられています。その内容のアップデートを求める。 グリーン・ニューディール…

「地球環境問題とは何か」J・ハンセン証言

昨日紹介した米本昌平氏の「地球環境問題とは何か」(岩波新書)について、追加で書いておきたい。 1994年、27年前に書かれている本ですが、科学ものではあるので、時を経た現在から見て、修正することはいっぱいあるようだが、さて現在の、著者の思いはいか…

「グリーン・ニューディール」④ マルクス

「グリーン・ニューディール」のつづきです。 著者の明日香壽川氏は、斎藤幸平の「人新世の資本論」に、大枠賛成し、いくつかの批判的意見を展開、27年前に書かれた米本昌平氏の「地球環境問題とは何か」(岩波新書)で、マルクスへの言及について紹介して…

斎藤幸平(経済思想研究者)×小川淳也(衆議院議員)の対談

斎藤幸平(経済思想研究者)氏と小川淳也(衆議院議員)の対談動画です。 www.youtube.com . . 斎藤幸平氏と大井赤亥氏の対談 www.youtube.com

ワクチンQ&A

新型コロナウイルスのデルタ株の感染が拡大しています。オリンピックの開催強行で、東京から地方へと、さらに感染爆発しそうな勢いです。 菅政権の計算違い? 情報隠しの影響で、ワクチン供給が急に不足し混乱しています。 ワクチンについては、様々な情報が…

環境革命の虚実」②サーキュリー・エコノミー

環境革命の虚実」の続きです。 「『グリーン経済成長』に向けて企業と国がなすべきこと」と題した、高村ゆかり東大教授と沖大幹東大教授の対談が載っている。 遅れている日本がEUや中国に追いつくうえでは、参考になる内容かもしれないが、経済成長を本質…

学生支援-食料支援

暑かった。雨が降らなくてよかった。 今日は渡鹿公園で学生支援の食料配布会があり、設営搬入関係で要望があり参加しました。 事務局さんによれば、160数人が訪れたと報告がありました。 聞けば、コロナ禍、対面授業、学生同士が交流ができないことが大きな…

環境革命の虚実

中央公論3月号で「環境革命の虚実」の特集があったので買って読んだ。 編集姿勢は、政権や経済よりと思えるが、斎藤幸平さんと藤原辰史さんの対談もあり勉強になった。 . 小泉進次郎環境大臣のインタビューは、「再生可能エネルギーとEV抜きに日本の未来は…

地球温暖化の中で生きている私たち-学習会

今日、県新婦人内の日本共産党後援会のZoom学習会があり、地球環境問題で話をさせていただきました。 「地球温暖化の中で生きているわたしたち」-のリモートカフェというタイトルでした。 これまで話してきた内容をベースに、 ①ティッピングポイント ②気候正…

ワクチン論-考

「赤旗」記事です。 私も近く2回目のワクチンを打つ予定ですが、ワクチンをめぐって、私の知り合いも含め、様々な「ワクチン」否定論が漂っています。 医者や専門家でも、様々な対立する考えが動画などでも発信されています。 私も、提供される対立意見の両…

ブランドと貧困と資本主義

「赤旗」7/14です。 コロナ禍で服の需要が伸びず、海外のアパレル産業、縫製労働者への収奪と切り捨てがひどくなっています。 先進国の店頭に並ぶブランド品や格安品。 どんな人のどんな労働を経て、商品が店にならんでいるのか? 服を手に取るときに想像し…

今日の収穫

グリーン・ニューディール③ バイデンG・N

グリーン・ニューディールのつづきです。 トランプ大統領からバイデン大統領に変わり、温暖化対策の変化は想像以上のものがある。 いわばサンライズムーブメントなどの運動が作り出したバイデン大統領、大統領就任後にすぐパリ協定に復帰した。 そして、以下…

ブドウ色づく⇒楽しみ

早くもブドウの一粒が紫色に色づき始めました。 楽しみ♡。 . 本日の収穫。 サニーレタスは、一回収穫したあと、芽がでて大きくなったもので、あまり美味しくはないが食えるので食いました。

グリーン・ニューディール② 気候訴訟

明日香壽川著のグリーン・ニューディールのつづきです。 世界各地で若者たちなどによる訴えで、気候変動裁判が行われている。 2050年5月時点で1500以上の気候関連訴訟があり、なお増えているという。 これは多くの政府・政治家が、化石燃料産業からの政治献…

グリーン・ニューディール① サンライズ・ムーブメント

明日香壽川(東北大学教授)著のグリーン・ニューディール(岩波新書)を読んだ。 少しづつ紹介します。 明日香さんは、古くから温暖化対策や脱原発運動に取り組んでいる研究者で、長いたたかいの実績もあり、大変分かりやすい内容でした。 . 前に、「赤旗」記…

気候変動を止められる最後の世代-新婦人しんぶん

今週の「新婦人しんぶん」に、 政府も企業も社会も 気候危機に本気で動く時 私たちは気候変動を止められる最後の世代 との記事が載っている。 FFF仙台--若い人たちの気候アクションのスローガンです。 ごらんください。

脱成長③ 人口問題

人間は、地球上で毎年毎年、83000万人ほども増えている。 これはドイツの人口と同じぐらいだ。 人口増の問題は、地球の限界との関係で重要なテーマだが、このテーマは、子どもを産む産まないと言う問題で、とてもセンシティブだ。 セルジュ・ラトーシュ…

都議選結果

都議選の結果が出た。 野党共闘が、一つの結果を出したといえる。 五輪の中止・延期の党が前進した。 主要メディアは、選挙中含め、メディアの重要な仕事であるアジェンダ=議題設定、つまり争点を明確に報道しなかった。権力忖度が原因だ。 都民が一番関心…