サスティナビリティ考

地球環境、持続可能、政治・経済・社会問題などについて書いています。 メール kougousei02@yahoo.co.jp

持続可能な社会

学習会--気候変動 皆で考えよう

みなさん、お知らせです。 くまもと市西部革新懇の主催で「気候変動 皆で考えよう」をテーマに、学習会が開かれることになりました。 講師は、なんど、私が仰せつかりました。 関心のある方、どうぞご参加を。 .

世界フェア・トレードデー2022熊本

世界フェアトレードデー2022熊本の主催で、文化人類学者・辻信一さんの講演会があり、夕方から行ってきました。 辻さんと言えば10年前に、翻訳された「懐かしい未来」を読んで持続可能な社会について思いをめぐらしたものだ。 来るべき未来、つくるべき未来…

経済と環境 両立の道は-グリーン成長は幻想か?

www.asahi.com . 上記、「朝日」(5/14)の記事は、とてもおもしろかった。引用し紹介する。 最初に、セブン&アイの話が出てくる。 成長著しく、全国に2万1000の店があり、グループ全体の電力消費は日本全体の0.5%を占め、CO2排出の95%が電力由来だそうだ。…

「2084年報告書」 地球温暖化の口述記録

「2084年報告書」 地球温暖化の口述記録(ジェームズ・ローレンス・パウエル著-国書刊行会)を読んています。 これは、おもしろい構成になっていいます。 今から62年後、私の孫らが今の私の齢ぐらいになった2084年に、科学者や政治家などに口述してもらった…

資本論の中の未来社会論②

昨日の続きです。 原子力問題(P88)については違和感があります。 現状の原発は危険性やコストの観点から廃止の立場ですが、いつの日か「安全の保障された新たな方法で人類が核エネルギーを利用できる時代にも到達できるでしょう」とし、「科学的研究に取り…

資本論の中の未来社会論①

不破哲三さんの「資本論の中の未来社会論」を読んだ。 前に部分的には読んでいたけど、今回、あらためて読んでみた。 さすがにマルクスとエンゲルスを読み込んでいる不破さんらしく、マルクスの著作や手紙のどこに何が書いてあるか理解していて、未来社会論…

脱成長-ヨルゴス・カリス

どこの新聞だったか「資本主義の先に」の特集があり、バルセロナ自大学のヨルゴス・カリス教授のインタビューがあった。面白かったので紹介する。 経済成長、GDPが大きくなることが豊かになる方法?。 このGDP信仰からの決別。 「あなたが自分の弁護士と…

マルクスの『生産力』概念③

聴涛弘氏の「マルクスの『生産力』概念を捉えなおす」のつづきです。 史的唯物論について、「エンゲルスの忠告」というのを聴涛氏が紹介していて面白い。 「『われわれの史観は、なによりもまず研究にさいしての手引き』であって『歴史全体が新たに研究され…

マルクスの「生産力」概念①

聴涛弘氏の「マルクスの『生産力』概念を捉えなおす」を読んでいます。 難しく、理解不十分ながら、ともかく、読み進もう。 聴涛氏は、まえがきに、「現在の世界的な異常気象は、人類の産業革命以来、生産力を驚くべき速さと規模で発展させ地球環境を破壊し…

マルクスの未来社会論と生産力③

「経済」5月号、 牧野広義阪南大名誉教授の 「マルクスの未来社会論と生産力」についての続きです。 . 第3に、今日の視点でマルクス主義を発展させるべきではないか、ということです。 マルクスが生きていた時代は、資本主義が発展し始めた初期のころで、今…

マルクスの未来社会論と生産力②

昨日からのつづきです。「経済」5月号、牧野広義阪南大名誉教授の「マルクスの未来社会論と生産力」について。 . 第2に、今、考察すべきは、最新の知見が明らかにしているように人新世の時代、プラネタリー・バウンダリー、ドーナツ経済論など、新しい認識…

マルクスの未来社会論と生産力①

「経済」5月号、牧野広義阪南大名誉教授が載せている「マルクスの未来社会論と生産力」をおもしろく読んだ。 牧野氏は、斎藤幸平氏の「脱成長コミュニズム」に対し、マルクスの「生産力」論は、こうですよと展開している。 なるほど「生産力」についてのマル…

人新世の資本論と仏教

仏教の考えとマルクスの資本論‥‥ 「宗教は大衆のアヘンである‥」と書いたマルクス。 でありながら、共通の思いがある。面白い。 . www.youtube.com www.youtube.com

IPCC6次 第3部会報告

IPCC6次 第3部会報告が発表された。 国連のグテレス事務総長のビデオでの警告メッセージが発せられた。(「赤旗」4/6) 人類には猶予がない。プーチンは戦争なんかやめて、世界の共通の敵、気候危機打開へと手を取り合うべきだ。 .www.youtube.com

生物多様性の経済学③ 土壌

「ダスグプタ・レビュー」紹介のつづきです。 私が地球温暖化の勉強を始めて15~16年になる。 最初は、気温上昇の問題に関心があったが、最近は温暖化にとどまらず、多様な生態系の喪失もからむことが極めて大事だと分かってきた。 なので、単に日本など先進…

プラごみ拾いー「川編」

お知らせしたように今日は、フライディズ・フォー・フューチャーによる白川の大甲橋から泰平橋までゴミ拾いでした。 天気も良く、楽しく気持ちの良い活動でした。 小学生4人含む学生ほかご覧のメンバーでした。(カメラマンと途中退席者除く) 子どもたちの参加…

プラゴミ拾い ご参加を❤

白川・大甲橋の左岸から白川橋(熊本駅近く)まで、歩きながらプラなどのゴミを拾い集めます。 当日参加も歓迎、ご参加ください。 . View this post on Instagram A post shared by FridaysForFuture Kumamoto/GKM (@fff_kumamoto) www.instagram.com www.yo…

生物多様性の経済学① ダスグプタ・レビュー

「ダスグプタ・レビュー」なるものを読んでいる。 これまでの経済学の限界(絶滅への失敗かも)をただし、経済を自然の中に包摂すること。 私たちは経済成長で全体として豊かになったと思っている。しかし、はたしてそうか? . 英ケンブリッジ大名誉教授、パ…

世界気候アクション0325

世界では若者・FFFを中心に気候危機打開を訴える行動を起こしています。 ドイツでは300カ所22万人。 プーチンロシアのウクライナ侵略を批判するスローガンや化石燃料からの脱却、もうけ主義の資本主義批判も特徴的です。(「赤旗」より) .. www.jcp…

地球の限界②

おととい書いた「地球の限界」(オーウェン・ガフニー/ヨハン・ロックストローム著-河出書房)。 消費税入れて3135円もする。高い。学びに10%も税金をかけて、いったいどういう事だ。腹立つ。 しかし、プラネタリー・バウンダリーのヨハン・ロックストロー…

PETM 暁新世-始新世 温暖化極大期

いま地球温暖化が進み、生物種と人類は6回目の絶滅に向かっている。 そう科学者が言っていても、多くの人は本気には受け止めていないし、もちろん実感もない。 もっとも実感し始めたら、すでに時遅しなのだが…。 6600万年前に巨大隕石が地球にぶつかって恐…

地球環境問題の学習会-生健会さん

生健会のみなさんから招かれまして、2回目の地球環境問題の学習会懇談会で話させていただきました。 写真のとおりです。 「中学の頃の理科の授業のつもりで聞いて下さい」とあいさつして、途中でも質問をふったり受けたりしながら1時間ほど。 みなさん、よ…

アナザー・マルクス④ 序文

著者の序文のつづきです。 「長い間、マルクス主義者の多くはマルクスの初期の仕事、特に『1844年の経済学・哲学草稿』と『ドイツ・イデオロギー』にもっぱら焦点を当ててきた。そして『共産党宣言』は最も広く読まれ、引用されてきたテキストであり続けてき…

南極の氷に何がおきているか④ 海氷が史上最少…

2017年 2、224、767万平方km 2018年 2、270、501万平方km 2019年 2、575、601万平方km 2020年 2、797、521万平方km 2021年 2、872、147万平方km 2022年 2、183、449万平方km . 昨日2/17日の海氷の面積です。 南極は、今頃が夏場にあたり白夜で、海氷の面積は…

新しい資本主義とグローバルタックス

グローバル連帯税フォーラム事務局による「斎藤幸平&上村雄彦の対談」動画です。 なかなか面白かった。いろいろと参考になります。 音質が悪かったけど。 . www.youtube.com

現代に必要な寺院コモン

面白い動画です。 お寺が朝市になる---www.youtube.com

アサリに聞けば…産地偽装

熊本産アサリの偽装が問題になっている。 問題は、漁業者、流通業者、消費者それぞれが抱えていて、人間社会にある。なので、 人間に聞いても本当のことはわからない。 アサリさんに聞いてみるのが一番いい。 私がインタビューしてみます。 . もしもし、アサ…

南極の氷に何がおきているか③ 棚氷の役目

「南極の氷~」の続きです。杉山慎北大教授著(中公新書)の紹介・引用。 地球温暖化の加速で最初に溶けやすい大きな氷は、山岳氷河。 次は、グリーンランドの氷床。 そして南極の西側の西南極の氷床。 最後は、東南極の氷床。 海水温の熱膨張も加わり、順次…

南極の氷に何がおきているか② 巨大窪地

昨日の続きです。「南極の氷に何がおきているか」--杉山慎北大教授著(中公新書)の紹介・引用(図表など)です。 北極やら、南極やら、遠い極域のことなど、私たちの生活にはなんの関係もないと、多くの人は思っていることだろう。 人々が極域に関心あるか…

「脱資本主義を考える」

斎藤幸平氏の「人新世の資本論」に他方面から批判や意見が出ていて面白い。 右翼的な妄言は価値がないので無視しておいて、同じマルクス主義者からの批判は、いろいろ参考になるし、議論の発展に期待している。これに斎藤氏が意見を書いたり反論してくれると…