サスティナビリティ考

地球環境、持続可能、政治・経済・社会問題などについて書いています。 メール kougousei02@yahoo.co.jp

民主主義・人権・情報

国連特別報告者−共謀罪に懸念

共謀罪に関し、国連のジョセフ・カナタチ氏特別報道官が安倍首相に、「プライバシーや表現の自由を制約するおそれがある」として懸念を表明する書簡を安倍晋三首相あてに送っていた。 ①法案の「計画」や「準備行為」が抽象的で恣意的な適用のおそれがある ②…

共謀罪ストップ! 宣伝署名

共謀罪法案が衆院法務委で強行された翌日の今日、熊本市で市民団体による抗議・反対の宣伝署名活動が行われれ参加した。 たくさんの参加者で共謀罪の危険を訴えたが、残念ながら市民の関心はあまり高くなかった。 「共謀罪って何?」って感じで、殆ど知られ…

共謀罪 衆院委

今日、衆院法務委で共謀罪法案の強行が懸念されている。 安倍首相は日本会議」系で、もともと戦前への郷愁を持ち、回帰に熱意をもっているので止められない。 しかし、公明党は、その戦前に、創価学会の初代牧口会長が治安維持法で弾圧され獄死した歴史を持…

共謀罪「一般人は対象外」はまやかし

元北海道警釧路方面本部長原田宏二さんのインタビューが今日の「赤旗」に載っています。 原田さんは「共謀罪」は警察権限の強化法、「情報収集」拡大に尽きると言います。 「捜査関係事項照会書」を出して、金融機関や役所から“任意”で個人情報を集める事が…

携帯はあなたの情報を政府に知らせています

携帯はあなたの情報を政府に知らせています。 驚くべき表題になってます。 「スノーデン日本への警告」に紹介されている事を引用すると、 仕組みは? 「『スティングレー』という携帯電話監視機器があります」 「携帯電話の基地局を装う」ことで情報を入手す…

スノーデン 日本への警告

この本の刊行にあたって、エドワード・スノーデン氏がメッセージを寄せています。なかなか知的で示唆的です。(引用紹介します。お勧めです)スノーデン 日本への警告 (集英社新書)作者: エドワード・スノーデン,青木理,井桁大介,金昌浩,ベン・ワイズナー,宮…

自衛官が冤罪訴え 

今日の「赤旗」です。防衛省情報本部の大貫修平3等陸佐は、冤罪だと国を相手に500万円の損害賠償を求め埼玉地裁に提訴しました。「朝日」 「赤旗」 陸自警務隊に情報漏洩の容疑をかけられ、長時間の取り調べやウソ発見器検査、家宅捜索、不当な配置転換…

メール・ラインでも共謀罪

メール・ラインでも共謀罪 日常会話が「犯罪」に 「赤旗」 なんと、金田法相は、メールやラインでも「共謀」の合意が成立すると答弁した。 また「共謀罪」は「組織的犯罪者集団」を対象とするが、普通の団体が性質を「一変」させた場合にも対象となりうると…

寝違え

どうも、寝違えたようで、肩から首にかけて違和感がある。(写真は古い時です、今これぐらい手を上げると、少し違和感です) 手を上げると少し痛い。加齢のせいか?若い頃なら1日で治ったが、もう4〜5日もつづく。あーあ。 さて、米大統領のトランプ氏の…

愛国学校ができるまで 名誉校長は安倍総理夫人

これは… ちょっと? はっきりさせた方がいい。 土地取得をめぐって明白な疑惑がある 動画をご覧ください。新聞・テレビがどれほど報道するか? 報道しないなら、主権者側の主体的な 知る権利行使が試される。ことになる。 ま、動画をご覧ください。 アッキー…

スノーデン引き渡しか?

12日の各紙(読売から引用)に、スノーデン容疑者、露が引き渡し検討 の報道がされている。 とんでもないことだ。 「読売」は、スノーデン氏の米引き渡しについて「ロシア政府はトランプ政権との信頼関係を築くための『贈り物』とする狙いがあり」と米NB…

映画・スノーデン

夜遅くになりましたが、映画「スノーデン」を観てきました。 映画資金の提供は米国関係からは得られず、配給会社の問題もあった事を聞いていたので、いかにオリバー・ストーン監督とは言え、映画に過剰な期待はしていなかった。 でも、なかなか良かった。ロ…

バノン首席戦略官 NSC入り

各紙に、スティーブ・バノン米大統領上級顧問・首席戦略官がNSC入りし、トランプ大統領の入国制限などを主導していると報道している。それらを読むと、 バノン氏は、白人至上主義などを掲げる極右運動の中心人物。 政治も外交も経験ない極右的な人物が、…

入国制限に国務省職員が抗議する計画

トランプ大統領の、イスラム圏7ヶ国入国禁止の大統領令が出され混乱、反発、又は支持の声が上がっている。 その中で、相手が大統領とはいえ、憲法と良心に従い、意見を堂々を述べる勇気は称賛に値する。 国務省職員100人以上が、意見表明制度を使って抗…

スノーデン

オリバー・ストーン監督の映画スノーデン」が上映されている。 今週の「赤旗」日曜版にストーン監督のインタビューが載っている。 ストーン監督は、モスクワに幽閉されているスノーデン氏に9回もインタビューをして映画を作った。 これまでのスノーデン本や…

辺野古裁判と映画「日独裁判官物語」

昨日、裁判の事をカミさんが書いたので、ついでに今日も。 日本の裁判官にも良心と憲法に従った勇気ある判決もある。 だが、米軍関連、原発関連などを中心に、政府に意に反する判決はことごとく住民の願いが退けられる事態にある。 沖縄の辺野古新基地建設を…

桜十字に賠償命令−入居者搬送遅れ 福岡高裁

クリスマスプレゼント=福岡高裁で逆転勝利 「朝日」脳出血での搬送遅れ認め、高齢者住宅運営側に賠償命令 「毎日」入居者搬送遅れ、会社に賠償命令 1審判決変更 施設診療経過改竄と脳出血入所者の搬送遅れを認定,100万円賠償(報道) 今日は、久し振りに…

『黒い巨塔 最高裁判所』

『黒い巨塔 最高裁判所』- 瀬木比呂志著。 まだ読んでいませんが、動画を聞いて、買う事にしました。 この本は元裁判官が体験を元に書いた小説です。 権力の補完機構の司法行政、裁判構造の実態を明らかにしています。 原発裁判、基地裁判などは、人事の報復…

ポケモンGOと社会

ポケットモンスターは、ピカチュウぐらいしか知らない。 報道されていたポケモンGOを見て、なんでそんなに流行るのか?そんなに面白いのか?不思議でたまらない。 鉄人28号や鉄腕アトム、エイトマン世代としては、当然かもしれない。 21日付「朝日」の…

「ローマの休日」を書いた「トランボ」

映画「ローマの休日」を知っている人は多いでしょうが、ダルトン・トランボって人を知っている人は少ないでしょう。 私もこの映画が出るまで知らなかった。「ローマの休日」はトランボさんが脚本を書いた。 手を差し込む有名な「真実の口」のシーン―、これ意…

スノーデンの警告

楽しみにしている映画「シチズン・フォー」がまだ熊本にやってこない。 スノーデンが警告する国家の犯罪が合法的にすすめられようとしている。共謀罪がテロ対策の名目で秋の臨時国会に国会に提出させられようとしている。 現代社会、形なりとも民主主義社会にお…

大騒ぎにならない大分県警の選挙盗撮

ちょっと前の話ですが、大分県警が労組事務所の敷地内に盗撮カメラを設置していた問題が発覚しました。 大分といえば、参院選の激戦区で、自民党と野党統一候補が大接戦を繰り広げていた最中のところです。 政権政党が警察行政と使って様々な情報を入手し、…

中国の裁判−市民救済を阻む弾圧

私としては、こうゆうのは絶対に許せない。 昨日の「朝日」社説によると、 「国家政権転覆」という罪で、昨年3月、弁護士ら300人以上が一斉に拘束された。 裁判で4人の弁護士に有罪判決が下された。判決では周世峰弁護士らが「国家政権転覆の発言を繰り…

障がい者殺人事件

なんとも痛ましい事件です。恐ろしいというか、なんでこんなことを?、理解不能、です。 誰もが想像することだが、なんとか防ぐ手立てはなかったのだろうか? と思う。 衆院議長に渡したという手紙の内容から、 措置入院をしていた時、「ヒトラーの思想が2…

シチズンフォース スノーデンの暴露

スノーデンの暴露は私にとって衝撃的な事件だった。 権力が、国民に向け日ごろ何をやっているのかを明らかにした。主権者はどう警戒すべきか、事を知ったものの勇気はどうあるべきか?を示した賞賛すべきものだった。 私の周辺では関心が低いが、歴史的なこ…

「NO」-映画予告編

NOよりYes 希望育てる道を の見出しのインタビュー、 8日「朝日」の記事を見て、いろいろ考えてしまいました。 私なんぞ日頃から、政治や社会に批判的なため、ものごとを批判的に表現しやすいタイプです。 また、私は子どもの頃から機械いじりが好きだった…

報道を自主規制させる「空気」

いつも楽しみにしている中島岳志北大准教授の「くまにち論壇」。重要な内容なので引用し紹介したい。 今日は、報道を自主規制させる「空気」 高市総務大臣の「電波停止」可能性発言について、鋭い指摘をしている。 発言は、直接の圧力というより、忖度させ、…

日本人は民主主義を捨てたがっているのか?

映画作家・想田和弘著の岩波ブックレットは、私が日頃、知りたいと思っていることに、ある種、答えてくれる内容だった。 日本人の美徳とされてきた(?)はずの、「強気を挫き、弱きを助ける」が最近は、「強気を助け、弱きをいじめる」風潮に変わってきたよ…

国民監視、違法 自衛隊情報保全隊 仙台高裁

自衛隊の情報保全隊の活動差し止めを求めた訴訟で、仙台高裁は1人に10万円も損害賠償を求めた。4人は請求棄却。日本共産党が内部文書を公表して問題になっている。 自衛隊について市民が監視をしたり宣伝をするのは、憲法に保障された国民の権利であり自…

首相動静−池上彰の「妄想」・安倍氏は誰と食事した?

今日の「朝日」4面の囲みです。 自民、議員にTV出演自粛令だそうです。 BS日テレの「深層NEWS」に出演予定の秋葉賢也衆院議員が出演取りやめた。別の議員も出演を見送ったようだ。 自民党は昨年も若手議員勉強会での発言が問題になった際もテレビ出…