サスティナビリティ考

地球環境、持続可能、政治・経済・社会問題などについて書いています。 メール kougousei02@yahoo.co.jp

最近、読んだ本、記事

「顔紋」−あなたの「顔」が追跡される日

あなたの「顔」が追跡される日 (News week日本版) 中国の天安門から25年が過ぎた。 「中国 虐殺の記憶」「中国、『独裁国家』の本性」の表紙を見つけ、つい買ってしまいました。 その中で、上記見出しの「顔認識」システムの記事(カール・チャ…

外国諜報活動監視裁判所−スノーデン

みなさん、そろそろ飽きられたかもしれませんが、今日もスノーデンものです。スミマセン。 NSAが国内で幅広い監視活動を行える根拠は外国諜報活動監視法だ。その執行を審理する外国諜報活動監視裁判所。この裁判の判決はすべて自動的に最高機密に分類され…

顔認証の不安−スノーデン暴露

この季節、くちなしの花が咲きます。 “かざぐるま”のような花びらで、とてもいい香りがします。 . さて、あと何回かはスノーデンものを書きたいと思います。 フェイスブック、ツイッターは私もやっており、毎日のブログを流しています。 ここにはいろいろな…

バックドア埋め込み−米中の争い

先日、久しぶりに蔦屋書店による機会があった。うれしいことにスノーデン“暴露”が6位売上として店頭に並んでいた。 チョトと前に、中国製のルーター等通信機器に、情報を盗むバックドア(裏口監視装置)が組み込まれているとのニュースが流れたことがあった…

スノーデン・インタビュー

さて何でしょう? ランチ食べたあとの…、皿に顔が…(流れた醤油にヒジキをまぶして…まだフライが残っています) . 今日もスノーデン“暴露”のつづき(引用・紹介)です。 なぜかユーチューブでは見つけられないのです。スノーデン氏のインタビュー動画。 デモ…

「すべてを収集する」−キース・B・アレキサンダー スノーデン“暴露”

昨日、私は「一般人なので情報価値はないでしょう」と書きましたが、NSAは、特別な人間だけを対象にしているわけではないようだ。 NSAは米国防総省直轄の諜報機関。その長官はキース・B・アレキサンダー陸軍大将だが、「すべてを収集する」これが信条…

スマホは冷蔵庫に入れてから話そう−スノーデン本から

スノーデン氏がNSAの国家犯罪を世界の人々に知らせるきっかけのひとつは、無人機によって殺される運命にある人々の監視映像をリアルタイムで見たことのようだ。「村全体や人々の様子が、手に取るように見えたんです」と語っている。 それは2009年以降…

メールは何を使ってますか? スノーデン本の暴露から

みなさん、メールは何を?お使いですか? 私はマイクロソフトのアウトルック、ホットメール、ヤフーメール、たまにGメールも使います。 でも、これらがみんな、他人から盗み見られているとしたら、どうします? スノーデン氏が明らかにしたNSA文書によれ…

スノーデン−暴露

パソコンのメールもスマホの録音・録画、位置情報など、ほとんどの情報は、監視者に筒抜けらしい。 知らなかったけど、「PGP」って、“きわめてすぐれた秘匿性”の略で暗号ソフトのこと。 数千ものランダムな数字と大文字小文字を区別して認識される。先進…

「美味しんぼ」福島の真実編に寄せられたご批判とご意見

「美味しんぼ」 福島の真実編に寄せられたご批判とご意見―を読みたくて、ビッグコミックスピリッツ6/2号を買いました。少し、引用しながら紹介します。 各界の意見が賛否両論あって、どちらが間違いとも、本当とも簡単に判断はつきません。 福島での鼻血…

絶望の裁判所−ブルーパージ

絶望の裁判所 瀬木呂志元裁判官・明大教授の告発本です。 私の頭には少しむずかしく、今のところあまり面白くはありません。 けどでも、まだ読み途中ですが、引用しながら少し紹介をしてみます。 著者の瀬木氏は、最高裁で勤務したエリート裁判官の内部告発…

ミランダ判決−熊本典道元裁判官

「裁かれるのは我なり」のつづきです。 あなたなら、どうでしょうか? 私、一応、心得ているつもりですが、でも耐えられるか、不安です。 袴田さんの取り調べは、真夏に12時間から16時間連日、取り調べを受けました。拘留期限がくる3週間目頃は、警察も…

日米「密約」外交と人民たたかい

日米「密約」外交と人民のたたかい―米解禁文書から見る安保体制の裏側作者: 新原昭治出版社/メーカー: 新日本出版社発売日: 2011/09/01メディア: 単行本 クリック: 2回この商品を含むブログを見る 新原昭治氏の日米「密約」外交と人民たたかいを紹介します。…

独裁体制から民主主義へ

ジーン・シャープ著の「独裁体制から民主主義へ」を読みまして、非暴力の積極闘争について学びました。武力による抵抗では、独裁者の武力が上回り勝てないと分析しています。 独裁政権下の闘争で「非暴力行動198の方法」が記してあります。 ちょっとだけ紹…

黙って働き 笑って納税 ?

そういえば今日2月20日は、小林多喜二が亡くなった日です。トッコウ警察に捕まって拷問され殺されました。 29才でした。戦争への道に反対していました。 ゼロ戦のトッコウ機に乗って自爆攻撃で亡くなった人も多くいます。 いずれの死も痛ましい死です。…

黙って働き 笑って納税

映画「永遠の0」が人気のようです。まだ観てませんで、観てから感想を書きたいと思います。 でも当時がどんな時代だったのか? 史実を知っておくことは、映画を観る上で極めて大事だと思います。 そこで今日は、「黙って働き 笑って納税」黙って働き笑って…

ペレットストーブ−里山資本主義?

昨日の「里山資本主義」のつづきです。 銘建工業の中島浩一郎さんが次に考えたのが家庭用のストーブ。 年間4万トンもでる木くずは、バイオマス発電だけでは使いきれないらしい。 この木くずを直径6〜8ミリ、長さ2センチほどに圧縮して固めたのが木質ペレ…

里山資本主義−考

かなり売れたらしい本−「里山資本主義」、昨年、買って読んで紹介しようと思いながらのびのびになってしまった。(NHK広島取材班・藻谷浩介)里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21)作者: 藻谷浩介,NHK広島取材班出版社/メー…

小泉純一郎の「原発ゼロ」−山田孝男

都知事選に、細川元総理を担ぎ出した小泉元総理。原発ゼロにかける思いは本気と思える。小泉純一郎の「原発ゼロ」作者: 山田孝男出版社/メーカー: 毎日新聞社発売日: 2013/12/12メディア: 単行本この商品を含むブログ (6件) を見る 「毎日」新聞の山田孝男編…

ワールドウォッチ研究所−食料危機

ワールドウォッチ・ジャパンのメールマガジンを受信していま。12月でしたが、食糧問題でレスター・ブラウンの文書が届きましたので紹介します。チト長いですが。 いっそう逼迫するであろう世界の食糧需給 by Lester R. Brown 去る10月16日は「世界食糧デー…

アフリカを食い荒らす中国

知り合いから聞いた「アフリカを食い荒らす中国」(河出書房新社)を読んでみた。アフリカを食い荒らす中国作者: セルジュ・ミッシェル,ミッシェル・ブーレ,中平信也出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2009/12/19メディア: 単行本 クリック: 21回この商…

藤原紀香−“社会貢献も女優も自分の中では一つ”

秘密保護法への懸念を堂々と表明してきた 藤原紀香さんが今週の「赤旗」日曜版に登場しました。 「“知る”ことで人は動く」 「信念を持って発信しきてきた」の見出しがついています。 藤原さんに影響を与えたできごと。 神戸に住んでいて阪神・淡路大震災を経…

ジブリのプロデューサー鈴木敏夫さん

「残るのは作品、お金じゃない」−いいですね。ジブリのプロデューサー鈴木さんの言葉です。 年俸9億ン万円だった日産のゴーン社長やブラック企業とも言われるユニクロの柳井会長に聞かせたい。 「今の時代はどう映るのでしょう?」の問いに、「19世紀は需…

金子勝慶大教授の講演

昨日、金子勝慶大教授の講演会があると聞きつけ、雨のなか急いで会場に向かった。 サンデーモーニングへの金子さんの出演をいつも楽しみにしていますが、生で話を聞くのは初めてでした。 結構、攻撃的な話をする人ですね。 もう、なで斬りです。腹立たしい気…

鈴木敏夫ジブリプロデューサー

「赤旗」日曜版に、この人に聞きたいシリーズに、スタジオジブリのプロデューサーの鈴木敏夫さんが載っている。おもしろかったので6/23日付け、最後の号からですが紹介します。 アニメの話で、「理想を失わない現実主義者」は、ありそうな見出しですが、「正社員…

問い⑧ 米軍はホントに日本を守ってくれるの?

歴史問題や慰安婦問題で、韓国や中国に強い態度をとっていた安倍政権、アメリカで問題になると、とたんに「シューん」としてしまう、ホント情けないしみっともない。 では、 問い⑧ 米軍はホントに日本を守ってくれるの? みなさんは、どう思います?。 戦争…

地位協定⑦ フィリピンはどうやって米軍基地を撤去させた?

北朝鮮がムスダンミサイルを日本海側から撤去したようです。米韓首脳会議を前に軟化した?説、単なる移動説?、など諸説あります。 私が信じたい説は「田植え期」説です。食料自給の乏しい北朝鮮はこの時期、兵士が田植え労働に精を出さないと収穫ができませ…

地位協定⑥ 同じ敗戦国のドイツやイタリアでは?

日米地位協定入門のつづき、むずかしい話でスミマセン。実は私も、本を読み返し勉強しながらで、手間ひまかかってまして、実はキツイのですが…(グチです)。前泊さんの本から紹介。 では、問い⑥ 日本と同じ敗戦国のドイツイタリアでは? 動画をごらん頂いた…

地位協定⑤ 「スパイ天国」日本-どこの国のスパイが多い?

問い⑤スパイ天国?日本-どこの国のスパイが一番多い? アメリカのボストンマラソンでの爆弾テロ。 いつ?どこで?「ドカン!」とやられるかわからないなんて恐ろしい事だ。 2人の犯人はイスラム系のロシア出身らしい。米国入国審査は厳しいので、彼らは入国…

地位協定④ イラクの米軍は、なぜ撤退できたの?

先日来の「地位協定入門」のつづきです。 問い④ イラクの米軍は、なぜ撤退できたの? そうですよネぇ。なぜ? ふり返れば… イラクに米軍が侵攻したのは2003年3月20日⇒ 5月にはブッシュ大統領が大規模戦闘の終結を宣言⇒ 治安の悪化・戦闘が続き米軍駐…