サスティナビリティ考

地球環境、持続可能、政治・経済・社会問題などについて書いています。 メール kougousei02@yahoo.co.jp

コミュニティ・オーガニジング⑥ 昼休みの自由を取り戻す

 コミュニティ・オーガニジングの続きです。
f:id:adayasu:20220104153952j:plain:w280:right 本当はもうちょっとあるのですが、長くなったので、中間を飛ばして最後にしたいと思います。
 新学期になって教頭先生から、「昼休みは本を読む時間」にすると言われ、昼休みの自由が奪われました。
 さて、子どもたちはどうするか?
.
 これを大人社会の会社にたとえると、こんな風でしょうか。
 社長から昼休みの12時40分から12時55分までは、「研修時間」にしますと、言われたらどうしますか?
 組合があっても御用組合で、会社よりで、要求を突きつけない組合も多い。組合がない場合はなおさらです。
 労働基準監督署に相談する手もあるかもしれませんが、会社側の解雇や嫌がらせがあり、孤立してしまい、うまくいく例は少ないでしょう。
 子ども達のウンヌンの前に、ブラック企業・バイト、過労病・死など、法律違反が蔓延し、それを是正できていないのが私たちの大人社会です。
.
 小学生のカナメ達が、昼休みの自由をとりもどす運動は、さまざま議論しあって、「フリーダム・スクール・キャンペーン」と名づけました。
 そしてイチから組織を作り、ストーリー作り、戦略・作戦を考え、つまりコミュニティ・オーガニジングをしっかり練り上げ、アクションを起こします。
 行動には、替え歌をつくるなど、いくつかあるのですが、その行動をひとつひとつ盛り上げ、最後に教頭先生に突きつける行動をとります。
.
 それは、
 全国学力テストの答案用紙に、みんなで、答えは書かずに、「自由な昼休みがほしい」と書いたことです。
「自由な昼休みがほしい」とたくさん書いた子もいれば、絵をで表現した子もいれば、作文にして書いた子もいました。
.
 さて、答案用紙を集めた先生、それを見た教頭先生は、それはそれはビックリ!。
 右往左往するうちに「キンコーン カンコーン」と、チャイムがなり昼休みになりました。
 子どもたちは校庭にでて「教頭先生、こっちに来てください」と呼びかけます。
 呆然としている教頭先生に向かって、子どもたちは言います。(私、私たちのストーリー=パブリック・ナラティブ)
(マイさんの文、図は同書から)
f:id:adayasu:20220104153945j:plain
f:id:adayasu:20220104153948j:plain
.
 教頭先生は、生徒たちの話を聞き、自分の子どもの頃を思い出し、変わっていきます。
.
 「オカシイ」と思うことはたくさんある。でも、それを口にしない場合もある。これは「ユルセナイ」と強く思うこともある。それでも状況を変えられそうになくて、あきらめることもしょっちゅうある。
 でも、そこに仲間づくりの科学的な運動論、組織論があれば、かなりの事ができるようになるようだ。
 実際にそうやって、社会は少しづつ変わり、人々は歴史を作ってきた。
 そんな「コミュティ・オーガニジング」です。どうぞ、本を買って学んで見てください。
 大人が、会社で地域でそれぞれのところでやれば、子どもたちも、見ていて自然と学ぶでしょう。
.
https://communityorganizing.jp