「サスティナビリティ」考

地球環境、持続可能、政治・経済・社会問題などについて書いています。 メール kougousei02@yahoo.co.jp

F35墜落


 空自のF35A戦闘機が墜落した。
 家族は心配でたまらないだろう。パイロットの無事を祈るばかりだ。
 F35は第5世代の最新戦闘機だが、開発にも手間も金も相当かかりながら、多くの欠陥が指摘されている。
 米政府監査院の報告書によれば、F35は昨年1月時点で966件の技術的問題が見つかり、そのうち11件は任務遂行に問題ありと分類され、量産段階までに25件が解決できない恐れがあると指摘された(西日本4/16)
 国会でも、共産党の宮本徹衆院議員が米報告書にもとづき具体的に指摘した。
 www.youtube.com
 マンガ「空母いぶき」の先月号、今月号では、東シナ海で空母戦をやっており、機関砲で中国機を撃ち落とすシーンがあり、今月号では、中国空母の着艦装置を期艦砲で破壊しようとするシーンがある。
 ところが米報告書では、機関砲が狙い通りにはあたらない欠陥が指摘されている。
 マンガはマンガの世界で、日本の戦闘機が優秀で相手機をやっつけるストーリーに酔いしれたくなる。中国の戦闘機は国産だが、日本は国産戦闘機の開発はできず米国製ばかりだ。国力の低下の現実を受け止めた方がいい。
 欠陥は、緊急脱出装置にもあり、体重が軽いパイロットの場合、首を骨折する可能性が指摘され、改修中のようだ。他にも、タイヤの消耗が激しく、使用回数が他の戦闘機に比べ格段に少なく早い交換も必要のようだ。ほかにも、ソフトの欠陥やらいろいろ指摘されている。
 こんな欠陥機なのに、安倍首相は、トランプに言われるままに、1機116億円のF35を追加購入も含め147機も買おうとしている。
 米国もロシアも中国も、日本も、軍縮をすすめ、戦闘機の開発など、やめた方がお互いのためだ。どこの国の産軍複合体は、予算獲得の脅威演出のため、互いを必要をする。これに対抗すべき諸国民は、協力しあってそれぞれの産軍複合体を解体しなければならない。