「サスティナビリティ」考

地球環境、持続可能、政治・経済・社会問題などについて書いています。 メール kougousei02@yahoo.co.jp

ロシアのシリア空爆、米原子力空母配備

 シリア領内をロシアが空爆している。
 アメリカも空爆。シリア政府も樽爆弾で空爆イラク政府もISに対し空爆
 空爆で何か解決してるなら事実を示してほしい。
 誰がやるにしろ、空爆はやめるべきだ。地上での暴力もやめるべきだ。
 これまでシリアでは25万人が殺され、400万人が家を失った。難民の流出もつづいている。
 犠牲者は、ひろく民間人に及んでいて、憎しみの連鎖を生み、さらに殺戮が連鎖する。
 さて、空爆と言えば空母。
 空母を言えば原子力空母。
 アメリカの原発空母R・レーガンが交代配備された。世界最大最強の攻撃部隊である第7艦隊の空母機動部隊。それが日本の横須賀に。
  「毎日」動画−空母の横須賀入港

 日本は世界で唯一、米国の原発空母を横須賀を母港として受け入れている珍しい国だ。
 空爆する戦闘機は日本で訓練し、他国を爆撃し、他国民を殺害している。
 空母の将校とその家族は豪華な家を日本の税金で提供してもらっている。
 第7艦隊・空母戦闘軍は、日本への抑止力ではなく、名実ともに侵略力。日本の国民は、加害の実態に無頓着だ。
 ついでに。 
 首都圏に原子力発電は許さず、地方に押しつけている。しかし…不思議なことに、首都圏に空母原発は、許している。どういうことだろう?
 自分たちの被害の可能性に対しても無頓着だ。