「サスティナビリティ」考

地球環境、持続可能、政治・経済・社会問題などについて書いています。 メール kougousei02@yahoo.co.jp

問い⑧ 米軍はホントに日本を守ってくれるの?

 歴史問題や慰安婦問題で、韓国や中国に強い態度をとっていた安倍政権、アメリカで問題になると、とたんに「シューん」としてしまう、ホント情けないしみっともない。
 では、

  問い⑧ 米軍はホントに日本を守ってくれるの?
 みなさんは、どう思います?。
 戦争の種類や規模にもよると思いますがおそらく……
1、常識的な考えとして どの国にとっても、一番大事なのは本国です
 もし日本がロシアや中国と揉めて戦争となった場合(しないようにすべき)アメリカは、本当に参戦して助けてくれるでしょうか?
 どんな国でも核戦争に発展し自国が廃墟になるのを覚悟で同盟国を助けるお人よしの国があるでしょうか。そう思っているお人よしは日本国民だけです
 同盟国や周辺地域は、都合よく利用され、都合が悪い時は、切りすてられるのが歴史です。
2、日米安保には、自動的に日本を守るとは書いてありません。
 5条(略)⇒「いずれか一方に対する武力攻撃が自国の平和および安全を危うくするものであることを認め国益に反すれば認めない場合もある)、自国の憲法米国憲法で参戦権は議会。国益や世論によってが議会承認しないと日本を守らないの規定および手続きにしたがって共通の危険に対処する」となっています。(かっこは私)
 でもNATOは違うようです
 第5条− 締約国は、ヨーロッパまたは北アメリカにおける1以上の締約国に対する武力攻撃を全締約国に対する攻撃とみなすことに同意する。そのような武力攻撃が行われたときは、各締約国が、国際連合憲章第51条の規定によって認められている個別または集団的自衛権を行使して、北大西洋地域の安全を回復しかつ維持するためにその必要と認める行動(兵力の使用を含む)を、個別的に及び他の締約国と共同して直ちにとることにより、その攻撃を受けた締約国を援助することに同意する。 これは自動的参戦でしょう。
3、そもそも日本を守る米軍の防衛部隊は存在していません。

 横須賀を母港(世界で日本だけ)とする第7艦隊の空母機動部隊は、防衛部隊でしょうか?
 沖縄や岩国の海兵隊は、防衛部隊でしょうか?
 第5空軍の三沢基地のF16は対地攻撃部隊ですが防衛部隊でしょうか?
 オスプレイは主に輸送機ですが、日本を守る飛行機でしょうか?
 すべて圧倒的な力を持つ攻撃専門部隊です。米国本国ならいざしらず、日本に米軍の防衛部隊は存在しません
  あーそれなのにそれなのに、日本国民は、これら明白な事実を目にしながら、アメリカがいつでも日本を守ってくれると思わされています。
 いったいだれの仕業でしょうか? さて、どうやってだますのか?
 敵です。不安です。恐怖です。中国、北朝鮮(むかしはソ連)が攻めてくるとの不安をあおる事です。(むろん相手も同じ)その役割を担っているのが大手メディアです。
 で、お金も貢ぎ、米兵の犯罪も事故も我慢し、新しい基地もつくりましょう、なっている。
 「原発安全神話」と同じ「安保の安全神話」から、そろそろ目を覚ますときでしょう。