「サスティナビリティ」考

地球環境、持続可能、政治・経済・社会問題などについて書いています。 メール kougousei02@yahoo.co.jp

“春のムツゴロウ”

 宇城市不知火町で街宣中、目の前に大きな土手が…。高いところには、すぐ登りたがるのが私の習性。上ってみると広大な干潟が…。不知火海、何やらうごめくものが…。
 季節柄、求愛の行動なのか、縄張り争いなのか、とにかくいっぱい。
 そういえば、諫早湾は締め切られて13年、以来、有明海は魚や貝が取れない海になった。湾の開門調査を急ぎ、海の再生と干拓地の農業の両方が成り立つようにすべきだ。
 ムツゴロウの争いは、数秒でほほえましいが、国がムリヤリ行った公共事業の起こした対立は長引く。その責任は国にあり、きちんと解決への責任を果たすべきだ。

 泥干潟はいいですね。鳥もきていたし、想像するとどれだけの生き物がいるのか…。午後には、ここも海に沈み、魚の世界に。生物多様。