「サスティナビリティ」考

地球環境、持続可能、政治・経済・社会問題などについて書いています。 メール kougousei02@yahoo.co.jp

立野・川辺川・荒瀬・路木ダム

異常気象から流域を守るためには…立野ダムはかえって危険

今日は、立野ダムの講演会がありました。香川大学の教授で気象学の専門家の講演でした。 台風19号など、豊富な豪雨の記録を示しながら、極値更新―単に雨の量が増えたという事より、その地域で過去になかったほどの豪雨がおこる事で、災害が大きくなるとい…

異常気象から流域の安全を守るには?

千葉県には、また豪雨がやってきて連続的な被害が出ています。 地球温暖化の影響であることは明白です。 異常気象、記録的な豪雨のため、流域の住民はたいへん心配しています。 気象学の専門家・寺尾徹香川大学教授を招いての講演会を行います。 どうぞ、ご…

白川河川整備計画変更の説明会

今日、国交省により白川河川整備計画変更の説明会があり、行ってきました。 白川水系の河川整備計画をH14年のからステップアップする変更の説明です。 H14年の計画では、基準点の熊本市の世継橋の流下が毎秒2300トンのところ、阿蘇の遊水池で100トン、立野ダム…

立野ダム建設現場の見学会

今日は立野ダムの建設現場の見学会がありました。 想像より参加が多く40数名。初めて参加した人も多かったようです。 もう、何十回となく来ている立野渓谷ですが、地震があったとはいえ、あっちもこっちも固められたコンクリートをみると悲しくなります。 …

石木ダム-強制収容は許されない

今日の「赤旗」です。 長崎の石木ダム、ダムを造るために土地も家・13世帯の生活を強制収容しようとしている。 それほど公益性はないはずだ。 税金のムダ遣い、自然破壊はやめるべきだ。 強制収容、それは、いつの日か私やあなたに向けられることでもある…

立野ダム建設現地と北向山を見る会

台風19号の被害が明らかになり、想像以上の被害でした。 温暖化による海水温上昇がかつてない雨を関東から東北にかけて広範に降らせました。 箱根には、48時間で1メートルの雨がふりました。 立野ダムができてしまってから、もし阿蘇にそんな豪雨が降れ…

諫早訴訟 開門審理差し戻し 

mainichi.jp 最高裁は、諫早湾干拓の潮受け堤防の開門を求める確定判決を事実上無効とした高裁判決を破棄し、福岡高裁に差し戻した。 佐賀新聞の号外が届いた。 漁業者の「開門命令」と農業者の「開門禁止」が対立したような構図だが、そもそも国が干拓事業…

ダム災害と流域の安全なまちづくり-嘉田前滋賀県知事講演

滋賀県前知事嘉田由紀子さんを招いての講演とシンポジウムを行います。 12月ですが、どうぞお早めに予定に。 今年は西日本豪雨災害で、ダム洪水により被害が生まれました。 温暖化による海水温の上昇は続いており、いつ阿蘇地域が豪雨に見舞われるかわかり…

阿蘇ジオパーク 壊さないで

昨日の抗議行動のため久しぶりに立野に行った。 立野峡谷展望場所は、立野ダム建設展望所に作り変えられていた。 看板に目をやると、驚いた事にジオパークの説明がされている。 熊本県民も舐められたものだと思う。 ダム本体の横で、柱状節理が見られるとい…

立野ダム本体工事起工式に抗議行動

今日、熊本にとって恥ずべき日になりました。 阿蘇に建設する立野ダムの起工式を国交省、県、市町村関係者が行ったからです。 朝から、抗議行動に行ってきました。背景の山が北向き山原始林。その下にダムが造られようとしています。左奥の白いテントでダム…

阿蘇ジオパーク 更新初審査 「熊日」の立野ダム隠しを問う

昨日、今日の「熊日」記事-「世界の阿蘇」ジオパーク更新初審査(上・中)を読んだ。 最近の「熊日」、意図的なのか? ポイント外しの記事が多いと思う。 ジオパークの再認定の課題として、昨日は、事務局体制、今日は、地元への周知、をあげている。これで…

立野ダムストップ-白川の安全  ―シンポ

熊本の水害から6周年 来月にも本体着工が狙われている立野ダム中止を求めるシンポがありました。 230人程だったのでかなり集まっていただきました。 大熊孝先生の話も、各地の水害のデーターともとにした専門的で興味深いものでした。 多大な犠牲者をだ…

ダム放流―「立野ダムと白川の安全を考えるシンポ」

アスファルトも融け、鉄道のレールも歪む猛暑がつづいている。 地球温暖化が大きな原因になっている。 先の西日本豪雨災害も海水面温の上昇がが主な原因とされる。毎年毎年、どこで起こるかわからないが、こんな大災害が拡大していく事を覚悟しなければなら…

ダム放流の危険

今日の「朝日」。西日本豪雨、愛媛県の肱川の水流が堤防を越え、650戸が浸水し、住民5人が犠牲になった。 川の上流の野村ダムが、あふれる危険性があり急激に放流した。 記事は、放流する情報が下流の住民にきちんと伝わったか?疑問を呈している。 ダム…

ほたるの川のまもりびと-どうぞ映画館へ

今日から熊本市の電気館で始まった映画「ほたるの川のまもりびとを観てきました。 ダムに水没することに反対し続けている山間の13世帯住むドキュメンタリー。 金もかかっていない。有名な俳優もでていない。村人一人ひとりが出演者、主演もいない。川や植…

ほたるの川のまもり人

今月23日から、熊本市電器館で映画ほたるの川のまもり人が上映されます。 長崎県に作られようとしている石木ダムをめぐる住民のたたかいを描いた映画です。 立野ダムとの関連性もあります。どうぞ、お愉しみに。

立野渓谷写真展④ 阿蘇ジオパークを壊さないで

今日は熊本市上通りで「立野渓谷写真展」を開きました。これで4回目。 師走で人通りも増えて大勢の人に見てもらい、知ってもらいました。 署名が164人筆、DVD数枚、おそらく300人ぐらいには、説明したりしっかり見てもらったと思います。 今回は、…

立野渓谷写真展―阿蘇ジオパーク・柱状節理の写真展示

今日、沖縄の宜野湾市で、米軍のCH53へりがプラスチックのカバー落とした。 落ちた場所は保育園。被害はなかったが、場合によっては園児を直撃したかもしれない。 米軍は、住宅地だろうと、どこでも構わず飛び回る。日本の法律が適用されないと日本が地…

阿蘇ジオパーク・立野柱節理の保存要請

今日は、私のふけギミの写真を掲載してすみません。 県と熊本市役所に、市民団体と県議市議のみなさんとで、「立野ダムの一旦中止県民説明」「阿蘇ジオパークの柱状節理保存」を求める要請書を届け、若干の話し合いに参加してきました。 県も市も、上に伝え…

朝倉豪雨水害-山田地区の沢

「自衛隊-考」をお休みして、今日は、朝倉豪雨水害の傷跡を紹介します。 山田地区の沢の歩いて上りました。 なんとも、ものすごい豪雨だったのでしょう。 二車線の道路と小さな川が広く土砂に埋め尽くされています。 三連水車ふきんに流れ着いた流木、こんな…

立野ダム、いったん工事止め、検証、県民に説明を

立野ダム一旦中止し県民に説明を―県民集会がありました。 雨もあり、参加がちょっと…300人。でも全県から集まってもらいました。 ありがとうございました。 でも内容は良かった。 豪雨問題、穴詰まり、植林杉山、ジオサイト破壊、税金の使い方… 立野ダム…

あさって、立野ダムいったん中止し、県民に説明を集会に、ご参加を

いよいよあさって立野ダム県民集会です。 私も少しばかり出演し、つくったドローン動画を紹介します。 写真は、えらく高い位置、北向き山の上空から撮った立野峡谷です。カルデラ内の流下物はこの峡谷一点を通過します。ここにコンクリートの構造物とつくろ…

立野ダム建設も衆院選の大きな争点

立野ダム建設も衆院選の大きな争点です。 自民党の候補者は1区から4区+比例候補もダム賛成です。 1区の松野氏、2区和田氏、3区せきね氏、4区矢上氏、野党系はすべて反対です。 比例区、日本共産党の松岡勝、ますだ牧子候補もダムストップです。 立野…

阿蘇ジオパークを立野ムでこわさないで−県民大集会

台風は過ぎさりました。熊本の被害はたいした事はなかったと思いますが、進路周辺地域は洪水などでたいへんなところもあるようです。お見舞い申し上げます。 下記、集会を10月28日に開催します。 もう! ぜひ、ご参加ください。仲間さそって。恋人誘って…

阿蘇ジオパーク破壊―立野ダム

立野峡谷ジオサイト破壊には2つある。 その① 長陽大橋右岸 問題になっている阿蘇大橋の橋脚をつくるために破壊された阿蘇ジオパーク-立野峡谷サイトの柱状節理です。 無残です。自然への冒涜です。壊した自然は元に戻らない。 橋をつくるにしても柱状節理を…

阿蘇ジオパーク破壊―「復」興

阿蘇峡谷ジオサイト 昨日、南阿蘇ガイドクラブ主催の立野峡谷、長陽大橋の散策に行ってきました。あいにくの雨模様。 新しい道路ができて景観が大きく変わっていました、ショックだったのは下の写真です。 阿蘇ジオサイトの大事な一つの立野峡谷の柱状節理が…

朝倉市山田「ため池決壊」現場

下側のため池です。決壊が免れホントに良かったです。膨大な土砂がたまっていますので、もしここが決壊したら大変な惨事になっていたと思います。 おびただしい流木の原因、3〜40年の杉の木が元々生えていた山々です。 痛々しい。 いったいどれくらいの雨…

朝倉市山田地域の被害

九州豪雨で亡くなった方々のご冥福をお祈りし、被災者の加方々にはお見舞い申しあげます。 山本伸裕県議と福岡県朝倉市の被災地調査に行ってきました。 回ったところは山田地域で、写真のように三連水車があるところ、水車は無残な状況です。でも全壊ではな…

九州北部豪雨5周年シンポ−想定外

宮本博司元国土交通省近畿地方整備局淀川河川事務局長の講演がありました。ダム建設を含む河川行政にかかわってきた方です。 会場いっぱい、阿蘇方面から大津、菊陽町、熊本市などからたくさんの参加がありました。 結論を言うと、人命の為には、想定外の事…

九州豪雨水害−立野ダムの危険性

テレビの映像で見ていると、大分、福岡の水害現場はすさまじい。 特に流木の量が圧倒的だし、土石流もすごい量だ。(写真-田村貴昭FBより) 線状降水帯の豪雨、5年前の阿蘇の水害を思い出す。 立野ダムができたとして、同じような事が起きるとなると、恐ろ…