「サスティナビリティ」考

地球環境、持続可能、政治・経済・社会問題などについて書いています。 メール kougousei02@yahoo.co.jp

民主主義・人権・情報

超監視国家・中国

ニューズウイーク11.5号に、「超監視社会・中国の真実」が載っていて、買って読んだ。 中国の監視社会化が着実にすすんでようだ。 . 記事の書き出しを紹介すると、「語学学校でのこと。授業中に前触れもなく地元警察が立ち入り、外国籍の受講生全員に『ビザ…

香港に栄光あれ

www.youtube.com いい歌なので紹介します。歌詞をおこしてみました。 港に栄光あれ何故 涙が止まらないの 何故 怒りに震えるの 頭を上げ 沈黙を破り 叫べ 自由よ ここに舞い戻れ 何故 恐怖は消えないの 何故 信じて あきらめないの 何故 血を流しても 邁進を…

香港警察発砲、18才重体

中国建国70年の昨日、香港ではデモ隊と警察が衝突し、3ヵ所で6発の拳銃発砲があった。 流れた映像からわかるように、空や足元への警告発砲はなく、至近距離から殺意のあった銃撃と言われてもしかたがないだろう。 香港市民の怒りは、さらに高まり、出口が…

操られる民主主義 ⑤クリプトアナーキー

操られる民主主義 ⑤クリプトアナーキー 前からのづきです。 「クリプトアナーキー」は、「クリプト(暗号の数学)」と「アナーキー(無政府状態)を合わせた言葉で、そんな団体もあるそうだ。 コンピュータによってつながり、個人や集団がその正体を知られる…

香港政府「逃亡犯条例」改正案を正式に撤回表明

ニュースで流れているように、香港行政府が「逃亡犯条例」]案を正式に撤回表明した。 学生・市民グループがどのような対応・動きになるのか分からないが、当初の最大の要求を受け入れさせたことで、ここは平穏を取り戻し、仕事や学びや家庭や落ち着きを取り…

天安門事件の再来は許さない

香港民主化の元リーダーが香港当局に逮捕された(一時)。 これは民主化を求める市民へのあからさまな弾圧だ。 彼らや市民は、「逃亡犯条例」がつくられれば、今回のような一時逮捕・釈放ではなく、中国に移送されて拷問をともなう取り調べを受け、人権派弁…

香港デモ 天安門事件の再来は許されない

連日、香港の学生・市民の抗議デモ報道されている。 圧倒的多数の市民が「逃亡犯条例」の撤回を求めているので、普通ならば行政府はそれを受け入れるのが当然だろう。 だが、林鄭行政長官は、任命した中国政府が許さないためか、「条例」撤回を約束せず、混…

香港 103万人抗議デモ

香港はすごい。中国への容疑者移送の法案をめぐって、103万人の抗議デモを行った。 人口700万人程度で100万人超えはすごい。 中心になったのは「雨傘運動」と同じ、若い世代だ。 2国2制度で高度な自治が約束されていたはずの香港が、しだいに中国…

天安門事件から30年

30年前の今日、天安門事件が起きた。中国が「改革・解放」から民主化へのうねりを学生が起こした時に弾圧を受け抑圧された事件だ。 あれから30年。中国は経済を伸ばし、国民は豊かになり、世界第2位の大国になった。 しかし、自由や人権は旧態依然とし…

驚くべきCIAの世論捜査

驚くべきCIAの世論捜査(ニコラス・スカウ著)を読んでいます。 米国の他国への軍事的な工作がウラなら、オモテに現れる成果が世論操作、情報操作、メディア操作、両方とも、CIAの仕事。 長く潜伏していたビンラディンが見つかり殺害された事件があっ…

1987、ある闘いの真実

1987、ある闘いの真実 観て良かった。 うっかり見逃すところですが、Mさんの一言で今日が最後と知り、予定を変更して観てきました。 もっと早くに観て、ブログで紹介すべきでした。展開も映画としても最高でした。 韓国がなぜ? 民主主義の前進が著しい…

大衆順応

これ、ちょっと紹介しときます。 21日の「朝日」に編集委員の大野博人さんが書いています。なかなか考えさせられまあす。「大衆順応という時代のわな」 1951年、米国の大学で実験が行われた。 教室に集めた7人から9人の学生に2枚のカードをみせる。…

丹羽宇一郎 講演

今日は「日中友好条約締結40周年記念講演会」が城彩苑であり参加してきました。 演題は「混沌とする国際情勢下、日中関係の本道を考える」でした。 東アジアの外交を連立方程式になぞられての話が面白かった。 日中、日露、日韓、日朝、日米それぞれが歩み…

「コミュ力」考

今日9月1日は、95年前に関東大震災が起きて10万人以上の人が亡くなった日だ。 また地震発生の3時間後ほどから、「社会主義者や朝鮮人が放火した。日本人を襲いに来る」「井戸に毒物を入れたらしい」などのデマが流され「自警団」らの虐殺がはじまった…

ワシントン拡声器--メディアつかい誤誘導

昨日のつづきです。「自発的対米従属」猿田佐世著から紹介します。 「アーミテージ・ナイ報告書」を聞いた事がある人は多いでしょう。1回目が2000年、2回目が2007年、3回目が2012年。 そこに書かれた集団的自衛権行使容認、秘密保護法、TPP、原発再稼…

治安維持法は今も… 梶原定義講演

今日は、大大先輩の梶原定義さん92才の講演を聞きに行きました。 話を聞いて、なにやら元気をもらいました。 92才なので私より30才も上。 私も健康であれば、あと30年もいろいろ活動できるかと思うと、あかるい気持ちになりました。 惑星地球と人類…

THE WAVE

映画 THE WAVE(ウェイブ)を見ていたら、ブログ書くのを忘れていました。 遅くなりましたので、詳しくは、明日に。 とりあえず、予告編をご覧ください。

オウム関係者、死刑執行

事件区切り「平成のうちに」=死刑執行、重要日程配慮か―安倍政権 ??? テレビニュースで「これで区切りがついた」と言うような通行人のコメントがあった。 事件に巻き込まれ、今なお苦しむ人、遺族の方々は、同じような思いもあるだろうし、遅すぎたと思…

顔認証社会 中国 光と影

18日「西日本」特派員(川原田健雄記者)レポートが載った。(引用し紹介) 驚いた。中国の話で、こんな具合だ。 人気歌手のコンサート会場。 「来場した数万人の中から、経済事件で指名手配中だった男を逮捕」 「防犯カメラに映った来場者の顔の画像と、…

日本の諜報 スクープ 最高機密ファイル NHK

夜9時からのNHKの− 日本の諜報 スクープ 最高機密ファイル と見ました。 なかなか見ごたえがありました。 自衛隊の電波部が情報を収集し、内閣情報調査室に上げています。それより、米NSAと下請け一体化が進んでいるようです。 どの国もおなじでしょうが…

銃乱射 17人死亡 米高校

米フロリダの高校での銃乱射事件で17人が死亡した。今日の各紙は1面で報じている。犠牲者の冥福を祈りたい。 なぜこんなことが起こるのか? 繰り返されるのか? 不思議でならない。 使用されたライフル・AR15は、軍用を民間用に「改良(?)」したも…

少年犯罪の厳罰化と米兵犯罪の減刑

先日の「朝日」のオピニオン&フォーラムに伊藤由紀夫家裁調査官のインタビューが載っていた。 少年法の適用年齢を18才未満にしようとの法制審の動きに対する動きに関してだ。 少年非行のピークは1965年で殺人・殺人未遂事件は年間300件で、現在は1/10以…

籠池夫妻、今どこに?

加計学園の獣医学部は認可が認められ、来年4月の開学に向けて「順調」のようです。しかし誰も納得していない。 一方の森友学園問題、これも今だに明らかになっていません。あれほど問題になったのに、最近ニュースもない。検索しても たしかに夫妻の補助金詐…

最高裁裁判官の国民審査

衆院選の最終結果が出るまで時間がかかるので、最高裁裁判官の国民審査について書いておきたい。 法の番人である最高裁の裁判官も内閣が任命するため、時の権力の影響を大きくうける。 裁判官個人が良心に従い独立して判断するのは勇気がいることだ。 人事権…

防災の日−関東大震災と大川常吉

今日は防災の日、関東大震災にちなんだ日だ。 あまり知られていないが、こんな日でもある。 朝鮮人や社会主義者らの悲惨な虐殺事件があった。扇動に乗る事は、責任感が分散し、加害の自覚乏しくなることが問題、社会もそれを引き継ぎやすい。 地震は自然現象…

劉暁波氏、死去 中国に何を求めたか

劉暁波氏が亡くなった。61才だった。オレと同じ歳だ。 無念の思いだ。中国の民主化を願い、非暴力と言論で闘っていた。 世界では当たり前の、民主主義の中国社会を提言したため、その意見を恐れた当局から逮捕・投獄され、末期がんと診断されたために病院…

劉暁波氏「危篤状態に」

中国のノーベル平和賞受賞者の劉暁波氏は服役中だったが、末期ガンで危篤状態らしい。(今日の「朝日」) 劉氏は、2012年に「国家政権転覆扇動罪」で懲役11年の刑を受け服役中だった。今年5月末に肝臓ガンの末期と診断され病院に移されていた。 香港…

安倍政権の国政私物化と改憲を許さない熊本県民集会

今日から「共謀罪」が施行される事になる。 安倍首相らの権力側の人間の「共謀」は罪に問われず、公文書も「廃棄した」「確認できない」、さらに「記憶にない」と逃げようとする。 共謀罪の濫用がされないよう権力・検察・警察の監視を強める事が大事だ。 そ…

忖度はなぜ起きるか―中島岳志 講演

5日、第14回「平和を願う念仏者の集い」があり、中島岳志教授が講演されると聞いて行ってきました。 そういえば中島教授は、「熊日」にコメントを載せていましたし、 (過去ブログ⇒ 報道を自主規制させる「空気」 )「忖度(そんたく)についても、書いて…

共謀罪廃止 怒りのパレード

今日の夕方、新市街〜下通りを歩く「共謀罪廃止 怒りのパレード」がありました。 違憲性の高い共謀罪が強行成立した以上、廃止に向けて頑張らなければなりません。そのためには、次の総選挙に向けてアベ政権を退陣に追いこむ事です。 今日の「熊日」夕刊に、…