「サスティナビリティ」考

地球環境、持続可能、政治・経済・社会問題などについて書いています。 メール kougousei02@yahoo.co.jp

平和、安保、沖縄

九州の軍事化を許さない-平和委員会

今日は平和委員会の総会がありました。会員なので出席したかったのですが予定があり不参加。 カミさんに撮影をお願いしましたので、動画をアップします。 九州・奄美・沖縄、そして熊本の自衛隊の変貌が国民の想像以上に進んでいます。 米軍指揮下の米軍一体…

米 メキシコ国境の壁建設費 在日米軍基地からも約430億円転用-消費増税なのに

米 メキシコ国境の壁建設費 在日米軍基地からも約430億円転用 だそうです。腹が立つやら呆れるやら。コトもあろうに壁建設ですよ。日本国民の税金で。こんな事を許しておいていいのか? www3.nhk.or.jpwww3.nhk.or.jp NHKによれば「東京の横田基地から、輸送…

トゥキディデスの罠

「トゥキディデス罠」最近よく目にする言葉だ。 私が最初に目にしたのは、昨年の2月、下のブログを書いた時。 adayasu.hatenablog.com . 覇権国家に対抗する新興国が生まれる時、戦争が不可避になりやすいとする古代ギリシャの歴史家トゥキディデスにちなむ…

日米共同演習の中止を

昨日、山都町で日米共同軍事演習の中止を求める緊急集会があり参加してきました。 パレードの途中、雨が降ってきてずぶぬれに。 米軍と自衛隊の演習は「オリエントシールド19」と言う名で実弾射撃の演習もあるようだ。 日米の訓練がどんな事態を想定しての…

米地上発射巡航ミサイル実験

北朝鮮が短距離のミサイルの実験をすると、日本でも大きく報道され懸念されるが、核大国の米国が中距離のミサイル実験をしても、たいして問題にしない。メディアの2重基準は明らかだ。 米、地上発射型巡航ミサイルの発射実験に成功 INF条約失効後初 サン…

玉城デニー知事の講演

昨日、全国地方議員交流研修会が熊本市であり、沖縄の玉城デニー知事が講演されると聞き、参加しました。 沖縄県、そして日本全体が抱える日米地位協定について、EU諸国の現状を調査した内容の報告でした。 他国地位協定調査の中間報告書について たぶん熊…

日米安保条約破棄?

日米安保条約破棄? ツイッター大統領のトランプさん。急に板門店で金正恩氏とあったり、ツイッター外交が効いている。 「トランプ大統領、日米安保破棄示唆」の米記事。 2016/5/6 15:45トランプ氏「米軍駐留費、全額負担を」 トランプ氏、日本の核兵器保有…

トランプ暴言に 自虐反応のメディア

「日本が攻撃された際には、アメリカ軍が支援するのに自衛隊がアメリカの防衛の義務を持っていないのはあまりにも一方的だ」「アメリカ軍の土地を日本が奪おうとしている。移設にあたって、金銭的な補償を求める米普天間飛行場の土地は約100億ドルの価値…

トランプ大統領が日米安保の廃棄について発言したと米メディアが報道しました。大統領選の時も堂々と発言しました。 「では、そうしましょうか…」と日本側が言ったとしたら、米国はどう反応するのでしょう? 米国の日本に対する権益は異常です。それを許す日…

グローバル・ホーク

「先制攻撃できる自衛隊」半田滋著の紹介のつづきです。 イラン側により米無人偵察機のグローバル・ホークが撃墜された。以外と簡単に撃墜され「へーっ」と思った。 実はこのRQ-4・ローバルホーク、日本の自衛隊が購入するのは知っているだろうか? 導入す…

安保法制下で進む先制攻撃できる自衛隊

安保法制下で進む! 先制攻撃できる自衛隊―新防衛大綱・中期防がもたらすもの作者: 半田滋出版社/メーカー: あけび書房発売日: 2019/05/23メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 「安保法制下で進む先制攻撃できる自衛隊」半田滋著を読みました。 半田…

「空母いぶき」マンガと映画と現実②

私も戦後生まれで戦争を知らない世代だが、先のアジア・太平洋戦争で、日本の軍指導者がどんな愚かな事をしでかしたか、犠牲は、どれほど兵士と国民とアジアの住民に押しつけられたか、少し学んで知っているつもり。 その愚かなことを、同じような発想で繰り…

映画「空母いぶき」とマンガ「空母いぶき」と現実

マンガの「いぶき」は、7巻まで買って読んで過去にブログで書いている。 今回のビッグコミックに載った総理役、佐藤浩市のインタビューがあれこれ議論されている。私も買ってきて読んだ。 で、映画の「空母いぶき」も観てきました。広い客席に若い人はおら…

日米地位協定

事柄をどう言い表すのか?コトバは、物事の出発点であり、闘いの決定的な初戦です。 地位協定? なんの地位か分からない。事実実態からすれば、米軍の地位の保障協定。つまり国内法を適用せず、軍隊である米軍を特別扱いして軍事活動を保障すること協定。 そ…

昨日の「読売」です。1面で 射程外から攻撃可能 空自ミサイル開発へ とある。 国産の空対艦ミサイルASM3を改良し、射程を倍に伸ばし400㌔m以上にするそうだ。記事は政府の判断を妥当と言う。 中国版イージズ艦に対抗するためとの事だが、中国側とし…

米朝会談、強者と弱者

ベトナムでの米朝会談。合意には至らなかったようだ。 両国の駆け引きカードの説明がいろいろ報道されている。 前提的に、「米国は正義で、北朝鮮は悪」と言った印象がすべてを支配しているように思える。 なぜ北朝鮮は核開発をしてはいけないのか?ICBM…

昨日、各紙は沖縄の県民投票の結果を1面トップで大々的に報道した。ただ、「読売」だけは、権力拠り・政権寄り紙らしく、1面だが写真なしに、帳面消し程度に載せているだけだ。 何を言いたいか、特徴的な見出しを紹介すると、 県民投票 広がり欠く 「反対…

沖縄県民投票-辺野古反対7割超

沖縄県民投票 反 対 434、273 賛 成 114、933 どちらでもない 52、682 沖縄の県民投票の結果がでて多くが1面トップで報道した。 沖縄をめぐって歴史的出来事は多くあるが、今回の結果に導いた行動も極めて意義ある事だった。 前提の条件、状況をよく見ておく必…

辺野古新基地 攻撃の脆弱

昨日の続き「朝日」耕論から。 元米国務長官首席補佐官のローレンスさん。辺野古基地建設は、愚かな計画、脆弱と明言。 「2、3発の精密誘導弾の攻撃を受ければ、滑走路は跡形もなく消え去るでしょう」 「在沖海兵隊は台湾有事であれ、南シナ海有事であれ、…

辺野古新基地-自然災害にも攻撃にも脆弱

「朝日」2/22耕論 辺野古 米国から見た がなかなか良かった。引用紹介する。 昨日、書いたように地球温暖化・海面上昇が安全保障上の脅威と指摘する専門家を初めて知った。元米国務長官主席補佐官のローレンス・ウィルカーソンさん。 「日本政府は辺野古沿岸…

辺野古 杭7.7マン本 必要

今日の各紙で、辺野古 杭7.7万本必要 との見出しで、新基地建設に途方もない年月と費用がかかる事を報道している。軟弱地盤の改良のために。 やったことのない工事、莫大な税金と年数がかかることを隠しておいて、ムリヤリ工事を強行し、国民をあきらめさ…

辺野古埋め立て反対が6~7割

辺野古の埋め立ての是非を問う沖縄の県民投票で、沖縄県民に対する各紙の世論調査が行われていて興味深い。 結果を紹介したい。 辺野古埋め立てに 「朝日」 「共同」 賛 成 16% 15.8% どちらでもない 21% 13.1% 反 対 59% 67.6% 「朝日…

自衛官募集、6割の自治体が協力拒否-安倍首相

「自治体の6割以上が自衛官募集への協力を拒否している」とし、だから憲法に自衛隊を書き込むべきと述べた安倍首相。 おそらく誰かの入れ知恵なのだろう、改憲の理由にするのは浅はかもいいところ。(2/15西日本より引用) 協力という点で自治体は、ポスタ…

増税しながら、辺野古新基地に2兆5000億円

サンゴのきれいな海。軟弱地盤の対策に杭を6万本も打ちこむそうだ。(「赤旗」2/3) 辺野古新基地の建設費用が2兆5000億円を超える(沖縄県試算)事になる。 米国の基地建設費用の大半は、日本の国民の税金から出すことになる。 財政赤字のため、増税つ…

米、中距離核条約を離脱

今日の各紙の一面。 アメリカがロシアと結んでいる中距核戦力(INF)廃棄条約を破棄すると発表した。条約は半年後に失効する。 無益で危険な核軍拡に拍車をかけることになる。愚かだ。 北朝鮮やイランには、核開発の停止を求め経済制裁を課しながら、自分…

米、日本に新レーダー検討

今日から、当ブログ会社「はてな」の取り扱いが変わりこのブログの形式に変わりました。移行のしかたがよくわからなかったため、昨年から昨日まで書いた分が前の⇒に残されたままで移設されていません。 http://d.hatena.ne.jp/adayasu/ なんとか移行方法を検…

沖縄 全県民投票実施へ

「熊日」1面(共同)で県民投票は、3択案で条例を改定し、実施がされそうだ。 ひとまず良かったよかった。 5市3割の県民が投票されないのは、どうしても納得がいかないからだ。 ただ、「熊日」(共同)は、「米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設の賛否を…

高速滑空弾 開発争い-バ*ばっかり

自衛隊の平成30年度 事前の事業評価(図-同ホームページ)に島嶼防衛用高速滑空弾の研究が載っている。 高速滑空弾の研究 自衛隊の新兵器「島嶼防衛用高速滑空弾」 文書の事業の概要では、 「島嶼間に対する火力発揮が可能な島嶼防衛用高速滑空弾を島嶼部…

沖縄-県民投票ができないー木村草太氏-憲法に反する

いろいろな出来事が起きた場合、憲法の立場からどう考えれば良いか? これが憲法に関して大事ではないでしょうか。 辺野古新基地の県民投票について沖縄の5つの市の市長が実施しないと言っています。 これは自民党の宮崎政久衆院議員・弁護士が指南し、議会…

朝鮮半島の軍事境界線は“観光地”

朝鮮半島の軍事境界線は“観光地”になっているそうです。(「赤旗」日曜版1/13.日刊1/4より) 昨年来の隣国の平和への流れなので、大いに歓迎すべき事です。主要メディアは、朝鮮半島の対立は煽って、平和の流れには疑いを強める、安倍政権よりの報道が多いと…