「サスティナビリティ」考

地球環境、持続可能、政治・経済・社会問題などについて書いています。 メール kougousei02@yahoo.co.jp

立野ダム建設現場の見学会

今日は立野ダムの建設現場の見学会がありました。 想像より参加が多く40数名。初めて参加した人も多かったようです。 もう、何十回となく来ている立野渓谷ですが、地震があったとはいえ、あっちもこっちも固められたコンクリートをみると悲しくなります。 …

恩赦、なぜ?わからん

安倍内閣が「即位の礼」の儀式に伴わせて「恩赦」を閣議決定した。 恩赦、どうもわからん。裁判で司法が決定した刑を、時の行政が減刑したり免除できる。なぜ? 憲法には、73条の内閣のところの7に、大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を決定する…

石木ダム-強制収容は許されない

今日の「赤旗」です。 長崎の石木ダム、ダムを造るために土地も家・13世帯の生活を強制収容しようとしている。 それほど公益性はないはずだ。 税金のムダ遣い、自然破壊はやめるべきだ。 強制収容、それは、いつの日か私やあなたに向けられることでもある…

2100年の天気予報

2100年の夏と冬の天気予報です。温暖化の対策を取らない場合です。動画をご覧ください。 台風19号の被害が広範囲でひどい事になっていますが、80年後の夏の台風の規模と強さはこんなレベルしゃありません。 気候危機が訪れている。 私たちは、とっく…

日本人はなぜ、「お上」に弱いのか② 良心的兵役拒否の少なさ

昨日のつづきです。 現代も含め、「国家とは何か?」を、主権者・国民に問わせない、そんな考えを抱かせない。 それが支配者らが戦前・戦後の日本人に蔓延させてきた支配のあり方だったろう。 日本人は、なぜ?「お上」に弱いのか-の著者・安川寿之介氏が紹介…

日本人はなぜ、「お上」に弱いのか

日本人はなぜ、「お上」に弱いのか とのタイトルにひかれて買ってしまった。(高文研・安川寿之介著) 著者は、日本人が「お上」の弱いのは、福澤諭吉と丸山眞男の思想的な流れがあるとする。 福澤諭吉といえば1万円札に使われている人。 学校でも習った「天は…

立野ダム建設現地と北向山を見る会

台風19号の被害が明らかになり、想像以上の被害でした。 温暖化による海水温上昇がかつてない雨を関東から東北にかけて広範に降らせました。 箱根には、48時間で1メートルの雨がふりました。 立野ダムができてしまってから、もし阿蘇にそんな豪雨が降れ…

南極の棚氷が危ない

ナショナルジオグラフィックの記事をお読みください。(写真:同記事より) 氷河が海にせり出した南極の棚氷の融解は、背後の氷河の流出を早め海面上昇を加速させる。 記事によれは、南極の夏の棚氷の表面には、65000個の融解湖ができているそうだ。 写…

台風と気候危機

猛烈な台風が関東地方を襲っています。豪雨のため河川の氾濫の恐れがあります。ダムの緊急放流が、深夜に行われる可能性について報道されています。被害が広がらないことを願うばかりです。 . 今週の「赤旗」日曜版です。ご覧ください。 温暖化の進行ととも…

ノキアの復活

一時期、携帯電話で世界を席巻していたフィンランドのノキアは、アイフォーン・スマホの登場で倒産の危機に見舞われた。 しかし最近、ノキアは復活しているそうだ。 5G基地局の開発などで。 以下の記事が面白かったので紹介します。gendai.ismedia.jp 経営…

人類の悩み

「平和が一番!東区の会」で、10月31日か、11月1日あたりで、「気候危機」問題について学習会を開く事になり、私が話す事になりました。 私は専門家でもなんでもありませんが、この10~13年ほど、地球温暖化問題に強い関心を持ち、あれこれ読んできました。…

柿の木

上天草の姫戸のお宮の下の知人宅の家の中の庭の中の柿の木です。 いい、感じです。 甘柿、美味しかった。 ありがとうございました。 子どもの頃、秋の食いもの言えば柿の木。学校から帰って、おやつと言えばこれしかなかった。. www.youtube.com

北極

ナショナルジオグラフィックの9月号は「北極」の特集だったので購入。 ちょっと紹介します。 北極海の秋の海氷面積は今年、観測史上2番目に小さくなり400万㎢を割り込んだ。 2012年の極端な減少だった360万㎢を更新することはなかったが、30年ほ…

香港に栄光あれ

www.youtube.com いい歌なので紹介します。歌詞をおこしてみました。 港に栄光あれ何故 涙が止まらないの 何故 怒りに震えるの 頭を上げ 沈黙を破り 叫べ 自由よ ここに舞い戻れ 何故 恐怖は消えないの 何故 信じて あきらめないの 何故 血を流しても 邁進を…

何しているの?

近所に来たヤマバトのつがい(たぶん)です。 動画、ご覧ください。www.youtube.com

池と月と鯉

徴用工問題と閔妃暗殺・柳寛順④

「徴用工の真実」の紹介のつづきです。 1895年10月7日、当時の朝鮮の閔妃(ミンビ)皇后を日本公使の三浦梧楼が王宮に突入して殺した(宮女2人も)。 しかし、三浦らは日本の裁判で全員免訴で無罪になった。日本により韓国の植民地支配のはじまりだ…

徴用工問題と劉連仁さん③

劉連仁さんの話の続きです。著者の早乙女さんが中国に帰った劉さんを訪ねて話を聞いています。 劉さん村は人口600人ぐらいの小さな村。その村で9人が亡くなった(強制連行から帰ってこなかった)そうです。 劉さんが中国に戻ってから、強制連行され帰っ…

香港警察発砲、18才重体

中国建国70年の昨日、香港ではデモ隊と警察が衝突し、3ヵ所で6発の拳銃発砲があった。 流れた映像からわかるように、空や足元への警告発砲はなく、至近距離から殺意のあった銃撃と言われてもしかたがないだろう。 香港市民の怒りは、さらに高まり、出口が…

消費税10%は→5%に減税を

今日から消費税が10%へと上がった。テレビは、食糧品の軽減税率(据え置き)がどうの、ポイント還元がどうの、ばかりのお祭り報道ばかり。そもそも増税に反対している庶民の声が全く報道されず、増税受け入れマインドづくりばかりだ。 新聞は財政状況が厳…

徴用工問題と劉連仁さん②

昨日のつづきです。(「徴用工の真実」より紹介) 写真は劉さんが働かされていた北海道昭和鉱業所(廃坑跡)です . 地図の赤線の逃走経路を見れば、劉さんが広い北海道を広範囲に、主に線路ずたいに隠れ家を求めて移動していったことがわかります。1年の大…

「徴用工」問題と劉連仁さん①

戦争が終わったことを知らされず30年近くもジャングルで長く暮らしつづけた元日本兵の横井庄一さんや小野田寛郎の話はみなさんもご存じと思う。 だけど日本の国内で敗戦後13年間も戦争が終わったことを知らないで逃げ回っていた人がいた。しかも寒い北海…

 黒木さんと長島さん

97才と102?才の姉妹です。私が若い頃にお世話になった熊本市の「母」の誕生日に、ホームを訪ねました。 . 青春とは人生の一時期のことではなく心のあり方のことだ。 若くあるためには、創造力・強い意志・情熱・勇気が必要であり、安易(やすき)に就…

操られる民主主義 ⑤クリプトアナーキー

操られる民主主義 ⑤クリプトアナーキー 前からのづきです。 「クリプトアナーキー」は、「クリプト(暗号の数学)」と「アナーキー(無政府状態)を合わせた言葉で、そんな団体もあるそうだ。 コンピュータによってつながり、個人や集団がその正体を知られる…

きゅうり

草むらの隠れていてわからなかったキュウリを発見。 一つは黄色くなって長いウリ状態。 残る3つは食えるかも… で収穫。 娘が何やら作り立てて、一応、食えてます。 []

平和が一番 東区の会

今日はひさしぶりに「平和が一番 東区の会」の例会に参加しました。 先の参院選について、投票率が低い問題や、関連して教育の問題などについて話し合いました。 出された資料で、あなたは自分自身をどう思うか?(私個人の力では政府の決定に影響を与えられ…

「よくもそんなことが…」

「よくもそんなことを言えるわね」グレタ・トゥンベリさんの国連での発言。聞いてください。 www.youtube.com 単に、16歳の少女が言っているのなら、たいしたことはないだろう。 大事なことは彼女が、観測とシュミレーションに基づいた、人類含む「大絶滅…

交通事故

早朝配達の帰りです。 ネコが立っており、ジッとして動かない。こっちを見ている。 傍らには、小さな、 横たわっていた子ネコの頭はつぶれていたように見えた。 どうやら車にひかれたようだ。かわいそうに。 母ネコだったかもしれない。毛色は似ていた。 . …

子どもら帰る

東京に行っている娘が帰り、市内の娘と長男がそれぞれパートナー連れてきたのでメシ。 それぞれ幸せには、している模様。 7か月児が、泣いても笑っても動き回ってもミルク飲んでも、ひとりだけ注目を浴びていた。 台風は雨なし、今頃風が強くなった。

グレタ・トゥーンベリとジョージ・モンビオが語る気候変動危機

www.youtube.comwww.youtube.com